小さな本音をさらけだそう

リンクス岐部が好きに色々と書くブログ

工学部生が思う、大学への疑問

※日曜日は独自のブログ定休日です。ご了承ください。

 

今日の話は、大学生活に関しての話です。内容は重いほうだと思います。

 

 

大学生として関東の、有名だと思われる私立の大学に通学している私ですが、最近、

「何のために大学に行っているのか?」

こんなことを思うようになってきました。

 

 

私は所謂理系で、工学部であり、学科は電気関連です。そのため毎週学生実験をし、そのレポートを1週間以内に書き上げなくてはならないという、工学部系最大の難点(?)ともいえる作業をこなさなくてはいけません。

これは分かりきっていた事なので、最初のうちは難なくこなしていました。しかし、内容は徐々に難しくなっていき、実験を行っても分からないまま終わってしまうこともありました。

 

そのようなことが続いたせいなのか、その後、現在2年の後半、ふとしたときに、こんなことを思いました。

 

「こんなことを続けて、本当に自分のためになるのか?」

「無駄に時間と紙とペンのインクを消費するだけではないのか?」

 

これ、現役大学生が普通考えることじゃないですよね(笑)

 

ですが、この毎週の、まるでロボットとでも言うようなルーチンワークに、私自身が疲れてしまったために出たのか、それとも本当に疑問を持ったのか。

私はきっと後者でしょう。そして、この疑問が出てしまうと、きっと私は向かっていく方向がだんだんと、

「自主退学」

の方に向かっていくのではないかと、自分でもそう思います。

 

ですが今は、退学を考える前に目の前の課題を全てクリアして、その結果如何でどうするか考えたいと思います。

 

退学の可能性を考えて「下準備」をする

正直言うと、「折角入学出来たのに」とか、「親不孝だ」とか、「学歴がないと稼げない」とか、退学後に言われるだろうということは十分あり得ますし、親には反対やそれこそ暴力沙汰になりかねないでしょう。

私は、家庭事情もあり、「留年確定で即退学」という条件で、たった1回の失敗も許されない状況です。ですが、この条件は、「退学したいときはわざと留年すれば良い」という風にも捉えることができるわけです。ですが、今はまだ頑張ってみたいと思います。

ただ、無計画に退学しても生きていけないので、下準備を「まだ学生」であるうちに、そして退学を選択せざるを得ない人生となったとき、すぐに行動できるようにしておき、退学によるリスクを0にする必要があるでしょう。

例えば就職は、当然ながら厳しいものになるでしょう。そこで、就職支援サイトは以下にあげるサイトを使うといいでしょう。

 

いい就職.com

既卒・第二新卒の就活求人サイト【いい就職.com】

ハタラクティブ

ハタラクティブ|フリーター・既卒・第二新卒就職支援サイト

 

この2つは大学中退者でも利用できるので、中退後正社員を目指すならこのようなサイトは出来る限り使っていきましょう。また、退学前にネットビジネス等の副業でこつこつ稼ぐのもいいでしょう。

因みに私も仮に中退した場合、このサイトを使う予定です。そうならないことを祈りますが(笑)

 

後ろ向きになっていても、問題は去ってくれるわけではないので、下準備が出来たらダメ元で立ち向かっていきましょう。

 

もし、同じことを考えている大学生がいるのなら、これを読んで少しでも参考になれば幸いです。一緒に頑張って行き(生き)ましょう!