言いたいことは今日のうちに

ただ書きたいことを書く、それだけ

掴んだ「答え」 2019-07-08

願いは短冊に書いても叶わない(神頼み)

 

この世界にもし神がいるのなら、現実で起こっている理不尽のほとんどは起こりえない、または消滅しているはずである。それが消えないのだから、神はいないのだろう。あるいは都合のいい存在としてありもしない「神」を作り出し、それを崇めるようにした結果か。どちらにしても、理不尽は尽きない。だから神はいない、そう考えている。[Detroit: Become Human]のrA9みたいなものなのだろうか。

f:id:murakoshi6etu:20190707092818j:plain

rA9(画像はDBH公式オンラインマニュアルより引用)

このゲーム自体は自分ではやろうとは思わない(やりこみ量が多くて私では到底すべて埋められない)が、ストーリが非常に作りこまれている、海外ドラマのような入り込み、日本語吹き替えは多くのキャラクターが海外ドラマでおなじみの人たちによる吹き替え(例:カール・マンフレッド→有本欽隆→ジェイソン・ギデオン[クリミナル・マインド]、イライジャ・カムスキー→咲野俊介→デレク・モーガン[クリミナル・マインド]/ホンドー[S.W.A.T.])と、海外ドラマに親しんでいる人からすれば相性がいい。どちらかといえば、"観る"ゲームなのではないだろうか。

さて、これまであまり書けなかったのは前の記事を見てもらうこととして、これまでの空白の期間は逃げるための準備を進めていたのである。その第一陣は逃げ先、いわば転職先を探すことである。こう言うと簡単なように見えて、実際は難しいわけである。しかもそれが1年未満の早期離職者(在職中の転職も含む)となれば、一般的に見れば「誰もが敬遠する」人材となってしまう問題が存在する。

そのため、転職するにしてもそのような人は、第二新卒既卒専門のエージェントを利用して転職を行うことが多いであろう。現代では転職はその就業期間にかかわらず行われており、それは新卒だろうがベテランだろうが無関係である。そのため一種のビジネスモデルとなり、情報を載せる代わり掲載料で稼ぐ転職サイト、そして紹介料で稼ぐ転職エージェントが存在している。ちなみに新卒就職においても同じビジネスモデルが展開されており、今では一般化している。

しかし同時に、これらは民間企業が運営しているため、役所仕事のようなボランティアではなく、あくまで収益も視野に入れたサービス提供となっている。特にエージェントに関しては、紹介料*1がそのまま収入につながっているということが多い。したがって、中には利益のためにブラック企業に無理矢理突っ込ませて収益だけを頂こうとする、心のない人が存在することも確かである。これでは、一体誰のための就職・転職なのか分からなくなってきている。

かくいう私もその「被害者」であるので、正直な話、利用するなら絶対に妥協しないこと、常に疑ってかかること、鵜呑みにせず後で調べることを自分と約束できる人以外は絶対にやめておいたほうがいい。人生を他人のせいで棒に振ることになる。

そんな私はエージェントに頼らずに転職サイトの情報と、徹底した自己分析と絞りをつけた企業/業界分析で切り抜けることにした。分析各種はすでに不満があるので前から行っていたが、肝心の企業は妥協できないためなかなか見つからず。しかし昨日、ある企業の面接に行き、そこで内定が確定した。条件に関しては、休日の日数で大きく劣るとは思われるが、本社=勤務先であり、ほかの場所に店舗などはないので転勤なし確定、内容は自分の過去(コンビニ店員5年の経験)にプラスした内容であるので、大袈裟に言っても成功である。自分にとっての譲れないポイントを抑えた分、妥協できるところは妥協した結果である。

*1:ただし、紹介した人が短期(多くは1年以内)に退職した場合、入社から退職までの期間に応じて、紹介料を返還しなければならないルールが存在するようである。ただ人売り企業のことはもう話もしたくないし、聞きたくもないので詳細は語らない。気になる人は調べて、どうぞ。

続きを読む

所詮、「想い」は伝わらない -アウトソーシングは「アウト」- 2019-06-27

The Final Countdown(EUROPE)

 

結局、「想い」は伝わらない。なぜなら、すべては「利益」を追求するためだから。

続きを読む